私が創るみらい

S.Tさん

デジタルサービス 入社6年目

DXを活用して、どんな場所でもリンクした教育環境を構築したい。

人のためになることにやりがいを感じる

人のためになることにやりがいを感じる

職場の雰囲気はアットホーム。温かい人たちばかりです。「教育の現場に必要な教材やサポートをいち早く届けたい」「困っている誰かの役に立ちたい」といったマインドがある人が集まっています。

学研教育みらいの仕事は、世に送り出した自分のアイデアによって、喜んでくれる人がいるのを実感できるのがいいんですよね。

「教育xデジタル」の仕事ができる会社

「教育xデジタル」の仕事ができる会社

もともと、教育系の会社で働きたいと考えていたんです。入社した当時の学研教育みらいは、デジタル系のコンテンツやサービスを強化しようとしていました。これからの時代は、デジタルの活用によって変わっていくと思っていたので、「教育×デジタル」の仕事ができる学研教育みらいを選びました。

家庭にも、塾にも、公教育にもコンテンツを提供している会社というのは、そう多くないのではと思います。当然それらは独立したコンテンツですが、じゃあそこにDX、デジタル化が起こったらどうなるのか?

今までバラバラだったコンテンツがつながることでどんな教育が実現できるかを考えるとワクワクします。

例えば、学校で苦手なところを家庭でも塾でも復習して、よりみんなが集まる場所では複数人でしかできないことができるとか。DXによって、どこでもリンクした学びを得られる環境を構築するというのが、目指す未来像だと考えています。

私が創るみらい新しい教育のカタチを創る

従来より学研教育みらいが手掛けてきた企画や業務の経験を活かしつつ、そこにデジタルという要素が加わることによって、新たなソリューションを生み出せるのが大きな魅力です。

今までの常識にとらわれず、新しい教育・サービスのあり方を模索し、創っていけるのが学研教育みらいです。社会に対して、今までになかった価値を提供できる仕事に、やりがいを感じますね。

Other interviews他のインタビューを読む