私が創るみらい

A.Sさん

営業 入社2年目

自分が使っていた教科書を見たら「学研教育みらい」の名前があった

スポーツから学べることを広い視野で伝えていきたい

スポーツから学べることを広い視野で伝えていきたい

小・中学校や教育委員会向けに学研教育みらいのサービスを伝えつつ、一緒に施策を考える仕事をしています。先生方が不安に思っていることや、困りごとを聞いて企画に生かすのも大切な仕事のひとつです。

私自身が今まで学んできたことと、学研として今提供しているものをうまく組み合わせて、学校の先生方の希望に寄り添った提案ができるように心がけています。先生方に「ありがとう」「またこんなものを用意してね」と言われると、とてもやりがいを感じます。

学生時代は体育が専門分野だったのですが、昔使っていた教科書の後ろを見たら、そこに学研教育みらいと書いてあったのがとても印象に残っています。「ああ、自分も学研教育みらいの教科書で学んでいたんだ」と、しみじみ実感しました。今度は私が、教科書を通じて伝える番です。スポーツから学べることを、もっと広い視野で発信していければと思っています。

社員育成のフローがしっかりしているのが魅力

社員育成のフローがしっかりしているのが魅力

学研教育みらいは、社員育成のフローが整備されており、仕事がしやすい環境だと思います。
わからないことがあっても、先輩がさまざまな形でサポートしてくれます。すべて教えてくれるわけではなく、まずはこういうふうにやってみようというアドバイスがあり、次は一人でがんばってみようというスタイルです。実践を通じて理解が深まるので、やりやすいと感じています。

チームの人数が少ないというのもあるとは思いますが、先輩方と仲が良くて、一人ひとりのキャラが確立しているので、仕事をしていて楽しいと感じています。デジタル環境が整っているので、今は本社に行かなくてもzoomやリモートでつないで仕事をしています。

私が創るみらい夢を持てる場所

学研教育みらいには、いろいろな人がいます。入社したときは「自分には何もない」と思っている社員でも、働いていくうちに夢を持てる会社です。新たな取り組みを積極的に推進している会社で、自分にしかできないことを見つけて、一緒にがんばっていきましょう。

Other interviews他のインタビューを読む